たくさんの若い女性をプロの大人たちが見守っている

夜間援助交際を目的に若い女性が歩いていると多くの大人たちがやってきます。
その大人は援助交際を申し込んだ人では無く、彼女たちを守ろうと必死に活動している人たちです。

夜間の見回り

繁華街では夜間になると、黄色いベストをきた大人を見かけることがあります。
彼らは年こそ若い人には勝つことができませんが、やるきと体力ならばまだまだという人は多いです。

実は多くの人が警察を定年退職した警察OBが、見回り役として回っていることが多いのです。
正義感にあふれるがため、お金をもらえるわけでも無いのに夜間にふらふらしている若い女性を正しい道に導いているのです。

学校の先生だって

普段は学校でしか会うことの無い学校の先生も、夜になれば繁華街でたくさん補導を行っています。
学校の先生にはちゃんとした持ち回りの当番があり、補導しなければならないという決まりになっているのです。

9月28日の画像

私立学校はそれに参加しないというところが合ってもおかしくはありませんが、公立学校の場合自治体と連携をとりながら補導を行っています。
まさか援助交際をしているところを自分の担任に見られたらと思って、援助交際には手を染めないというきっかけにもなっているようです。

プロの大人が見守る

生活の都合上、皆が皆若い女性が道を外さないようにと見守ることはできません。
しかしそんな中でもプロの大人たちが彼女らの成長を常に見守っています。
そう、誰一人としてどうなってもいい命など無いのですから。

関連記事一覧:

Comments are closed.