国や自治体は絶対に宝を見捨てない!広がる少女保護の取り組み

インターネットでの出会いを求める人は非常に多いです。
出会いを求めて恋愛関係になり、結婚するならこれはこれでおめでたいのですが中には「援助交際をしよう」と考える悪い輩がいます。
それを知らずに若い女性がいけない男に近づくことを防ぐため、国や地方公共団体では様々な取り組みを行っていることをご存じでしょうか?

法律によってサイトの運営に規制をかける

日本で出会い系サイトを運営する場合、警察の許可が必要です。
これは先ほどの援助交際から若い女性を守るために行われている方策で、身分証の提示が必要なのも法律による規制があるからです。
18歳未満というきわめて若い女性が援助交際という間違った道に歩まないようあらかじめ規制を張っているのです。

9月29日の画像

条例で悪い男を取り締まる

また地方公共団体、簡単に言えば都道府県単位では悪い男から若い女性を守るために「青少年育成条例」なる条例を制定しています。
この条例では、未成年者と援助交際をすると容赦なく逮捕され裁判にかけられます。
懲役刑になることが多く、一発で前科になってしまうわけですから抑止効果があると言われています。

皆が見守っている

学校に行っている女性であれば学校の先生が彼女らが間違った方向へ向かわないようにと様々な手立てを講じています。
決して少女たちは一人では無く、多くの人たちに見守られながらちゃんと育つように社会は制度として成立しているのです。
私たちも陰ながら、彼女らが間違った方向に向かわないよう見守りたいですね。

関連記事一覧:

Comments are closed.