周りの大人たちが簡単に始められる円こうから女性を守る秘訣

ブランド品が欲しいなと思うと大人でもなかなか苦労します。
ましてや若いとき、中学生や高校生が欲しいと思って親にねだったところで「あなたにはまだ早い」といわれいとも簡単に握りつぶされてしまう物です。

ほしがることはおかしいことでは無い

人間、生きて行くに当たって何かをほしがると言うことは決しておかしいことではありません。
毎日ご飯を食べるのだってご飯をほしがっているからといえますね。
しかしブランド品はちょっと違う意味を持ちます。

9月27日の画像

単純化された社会の中で

援助交際に手を染める女性の中には、ブランド品やきれいな洋服で着飾っている人がいます。
彼女らはどうして自分の体という、一番大切な物を売り物にしてまでもそれをほしがるのでしょう。
これは「属性によって人の価値が規定される」風潮の中で生きてきたからといえるでしょう。

学校でも友達でも

日本は戦後の発展の中で豊かな暮らしと引き替えに多様性を失いました。
自然が少なくなったことを見れば明らかです。
人間関係にも同じ風潮が流れていることはおわかりいただけるでしょう。

大人が彼女らを守る

彼女らは自分らしさを見つけたいと常に熱望しています。
そんな願いを叶えてあげられるのが大人です。
なにも特殊な技能を持っている人がやることでは無く、親や近所の人が彼女らのよきところを見つけるだけでよいのです。
それはどんな些細なことでもよく、また変わっているかもしれないけれど彼女らが目をきらきら輝かせていることに対してでもよいのです。

関連記事一覧:

Comments are closed.