援助交際って本当にお金で防げるの?彼女らの心は潤っている?

若い女性が夜中にふらふらと出かけていくのはあまり好ましくありません。
しかし彼女らがどうしてふらふらと夜中に町中に歩き出さなければならないかあなたは考えたことがありますか?

援助交際と一口に言っても

夜間に町中で遊んでいる若年層の女性が皆、援助交際をしているわけではありません。
当然ことですが、援助交際をしている人の数を人口比で見てみればそれほど多くはありません。
そう、援助交際をしなければならない状況にある人というのは一口に援助交際と言っても人口から考えてみてたらごくごく少数です。

きっかけはお金

援助交際に手を染める若い女性の一番のきっかけはお金です。
特に周りの友達がいい物を持っているにもかかわらず、自分の家にはお金が無いという状況からおこることが多いです。

9月26日の画像

往々にして家にお金が無いと、それほど成績がよくないと言われています。
そのせいか現在の学歴主義社会では生きることができないと悲観し、半ばやけくそで援助交際に手を染めていると言うことがあるのです。

格差社会の拡大

これはひとえに格差社会の拡大によって引き起こされた惨事といえるでしょう。
お金によって人の価値が決まるわけでは無いのに、彼女らの心の中ではお金という一つの物差しによって自分の人生が規定されてしまっているのです。
お金をうまく回していくことも大切ですが、彼女らの心に豊かな栄養を与えていくことは今後の日本釈迦に発展のために必要といえるでしょう。

関連記事一覧:

Comments are closed.