Archive for 9月, 2015

国や自治体は絶対に宝を見捨てない!広がる少女保護の取り組み

火曜日, 9月 29th, 2015

インターネットでの出会いを求める人は非常に多いです。
出会いを求めて恋愛関係になり、結婚するならこれはこれでおめでたいのですが中には「援助交際をしよう」と考える悪い輩がいます。
それを知らずに若い女性がいけない男に近づくことを防ぐため、国や地方公共団体では様々な取り組みを行っていることをご存じでしょうか?

法律によってサイトの運営に規制をかける

日本で出会い系サイトを運営する場合、警察の許可が必要です。
これは先ほどの援助交際から若い女性を守るために行われている方策で、身分証の提示が必要なのも法律による規制があるからです。
18歳未満というきわめて若い女性が援助交際という間違った道に歩まないようあらかじめ規制を張っているのです。

9月29日の画像

条例で悪い男を取り締まる

また地方公共団体、簡単に言えば都道府県単位では悪い男から若い女性を守るために「青少年育成条例」なる条例を制定しています。
この条例では、未成年者と援助交際をすると容赦なく逮捕され裁判にかけられます。
懲役刑になることが多く、一発で前科になってしまうわけですから抑止効果があると言われています。

皆が見守っている

学校に行っている女性であれば学校の先生が彼女らが間違った方向へ向かわないようにと様々な手立てを講じています。
決して少女たちは一人では無く、多くの人たちに見守られながらちゃんと育つように社会は制度として成立しているのです。
私たちも陰ながら、彼女らが間違った方向に向かわないよう見守りたいですね。

たくさんの若い女性をプロの大人たちが見守っている

月曜日, 9月 28th, 2015

夜間援助交際を目的に若い女性が歩いていると多くの大人たちがやってきます。
その大人は援助交際を申し込んだ人では無く、彼女たちを守ろうと必死に活動している人たちです。

夜間の見回り

繁華街では夜間になると、黄色いベストをきた大人を見かけることがあります。
彼らは年こそ若い人には勝つことができませんが、やるきと体力ならばまだまだという人は多いです。

実は多くの人が警察を定年退職した警察OBが、見回り役として回っていることが多いのです。
正義感にあふれるがため、お金をもらえるわけでも無いのに夜間にふらふらしている若い女性を正しい道に導いているのです。

学校の先生だって

普段は学校でしか会うことの無い学校の先生も、夜になれば繁華街でたくさん補導を行っています。
学校の先生にはちゃんとした持ち回りの当番があり、補導しなければならないという決まりになっているのです。

9月28日の画像

私立学校はそれに参加しないというところが合ってもおかしくはありませんが、公立学校の場合自治体と連携をとりながら補導を行っています。
まさか援助交際をしているところを自分の担任に見られたらと思って、援助交際には手を染めないというきっかけにもなっているようです。

プロの大人が見守る

生活の都合上、皆が皆若い女性が道を外さないようにと見守ることはできません。
しかしそんな中でもプロの大人たちが彼女らの成長を常に見守っています。
そう、誰一人としてどうなってもいい命など無いのですから。

周りの大人たちが簡単に始められる円こうから女性を守る秘訣

日曜日, 9月 27th, 2015

ブランド品が欲しいなと思うと大人でもなかなか苦労します。
ましてや若いとき、中学生や高校生が欲しいと思って親にねだったところで「あなたにはまだ早い」といわれいとも簡単に握りつぶされてしまう物です。

ほしがることはおかしいことでは無い

人間、生きて行くに当たって何かをほしがると言うことは決しておかしいことではありません。
毎日ご飯を食べるのだってご飯をほしがっているからといえますね。
しかしブランド品はちょっと違う意味を持ちます。

9月27日の画像

単純化された社会の中で

援助交際に手を染める女性の中には、ブランド品やきれいな洋服で着飾っている人がいます。
彼女らはどうして自分の体という、一番大切な物を売り物にしてまでもそれをほしがるのでしょう。
これは「属性によって人の価値が規定される」風潮の中で生きてきたからといえるでしょう。

学校でも友達でも

日本は戦後の発展の中で豊かな暮らしと引き替えに多様性を失いました。
自然が少なくなったことを見れば明らかです。
人間関係にも同じ風潮が流れていることはおわかりいただけるでしょう。

大人が彼女らを守る

彼女らは自分らしさを見つけたいと常に熱望しています。
そんな願いを叶えてあげられるのが大人です。
なにも特殊な技能を持っている人がやることでは無く、親や近所の人が彼女らのよきところを見つけるだけでよいのです。
それはどんな些細なことでもよく、また変わっているかもしれないけれど彼女らが目をきらきら輝かせていることに対してでもよいのです。

援助交際って本当にお金で防げるの?彼女らの心は潤っている?

土曜日, 9月 26th, 2015

若い女性が夜中にふらふらと出かけていくのはあまり好ましくありません。
しかし彼女らがどうしてふらふらと夜中に町中に歩き出さなければならないかあなたは考えたことがありますか?

援助交際と一口に言っても

夜間に町中で遊んでいる若年層の女性が皆、援助交際をしているわけではありません。
当然ことですが、援助交際をしている人の数を人口比で見てみればそれほど多くはありません。
そう、援助交際をしなければならない状況にある人というのは一口に援助交際と言っても人口から考えてみてたらごくごく少数です。

きっかけはお金

援助交際に手を染める若い女性の一番のきっかけはお金です。
特に周りの友達がいい物を持っているにもかかわらず、自分の家にはお金が無いという状況からおこることが多いです。

9月26日の画像

往々にして家にお金が無いと、それほど成績がよくないと言われています。
そのせいか現在の学歴主義社会では生きることができないと悲観し、半ばやけくそで援助交際に手を染めていると言うことがあるのです。

格差社会の拡大

これはひとえに格差社会の拡大によって引き起こされた惨事といえるでしょう。
お金によって人の価値が決まるわけでは無いのに、彼女らの心の中ではお金という一つの物差しによって自分の人生が規定されてしまっているのです。
お金をうまく回していくことも大切ですが、彼女らの心に豊かな栄養を与えていくことは今後の日本釈迦に発展のために必要といえるでしょう。

あなたの人生はムダな物?援助交際の行く末とは

金曜日, 9月 25th, 2015

悪いことに手を染めるとどのような現実が待っているかを皆さんはご存じですか.
インターネットで簡単な小遣い稼ぎとして紹介される「援助交際」にもしも手を染めてしまったらどんな末が待ち構えているかご紹介します。

噂が一生ついて回る

援助交際は一度手を染めるとなかなかやめられなくなってしまいます。
一度に多額のお金が手に入るわけですから、それはそれは普通の仕事をするのがばからしくなるくらいです。
しかしそんなお金もあぶく銭、すぐに使って無くなります。

9月25日の画像

一方、あなたが知らないところであなたのことを知っている人が見ているのです。
そう、あいつは援助交際をしていた奴だという噂が流れるのも時間の問題。
同窓会にだって出られませんよ。

盗撮は当たり前

スマホやビデオカメラの高画質化に伴い、ますます盗撮がやりやすい世界になっています。
援助交際をする前にはいくらいい人であったとしても、その人があなたのことをずっと隠し撮りしていることなんて十分あり得ます。

終わった後にお金を渡したとしても、そのお金はたくさんの女性の流出がそうで儲けたお金かもしれません。
あなたのあられも無い姿は、世界中に発信されるのです。

リスキーなことを1万円で?

一生分の収入を手に入れられるならまだしも、一生を棒にふる行為をたったの1万円であなたは引き受けてしまうのでしょうか。
援助交際をもしも考えているという若い女性がいるなら、厳しく忠告します。
あなたの人生はまだまだ始まったばかりですよ、と。