若年層の少女たちがどうして援助交際に向かうのか?

若いときの過ちを放っておくことはできない。
大人になると、私はどうして若いときにあのようなことをしてしまったのだろうと強く後悔することがあります。
そんな大人たちが、今一番気になることは「若年層が援助交際に足を踏み入れている」ということです。

少女の援交

円こうという名で広まる

援助交際はそのままの言葉で提示してしまうと、様々なところから一発で見抜かれるため「円こう」という隠語が使われています。
若年層にとってみたら援助交際はいいお小遣い稼ぎぐらいにしか思っていないことがあり、高額なブランド品を手に入れるために援助交際に向かっているという現実があります。

広まる円こう

何から何まで手軽に手に入る時代

昔の日本では欲しいと思っても高価であるとか物理的制約や年齢的な制約があることによっておいそれと購入できない物が多くありました。
しかし今ではインターネットの台頭により、対面で物を購入することも少なくなりお金さえあれば誰でも欲しい物を気軽に手に入れられる時代です。
こんな移り変わりが少女たちを援助交際というダークサイド名世界に陥れていると言っても過言ではありません。

手軽な時代

大人も黙っちゃいない

そんな中多くの大人たちが、少女たちを守ろうと様々な対策を練っています。
町ごとにあることもあれば、国全体で取り組んでいることまで様々です。
決して彼女らを見捨てることはせずに、自分の生活を顧みないぐらいの試みを続けている方もいらっしゃいます。
人とのつながりが希薄になったと言われる現代社会にあっても、こうした見守る目が続いているからこそ多くの子供たちが安心して暮らすことができまたおかしな輩たちを世の中に野放しにしないことができているのですね。

少女を守る

彼女らを絶対に守ろう!

子供を少しでも幸せな方向に導いてあげたいと思うのはどの大人も同じでは無いでしょうか。
各地で展開される「円こう(援交)」に対する取り組みと、少女たちが援助交際に向かう理由についてご紹介していきたいと思います。
大人と少女

Comments are closed.